バージンブルース (1974)

中年という未知の世界に住む男に対する娘の憧憬と恋を描いた青春映画。脚本は内田栄一、監督も同作の藤田敏八、脚本は安藤庄平がそれぞれ担当。

監督:藤田敏八
出演:秋吉久美子、長門裕之、清水理恵、赤座美代子、高岡健二、加藤嘉、野坂昭如

バージンブルース (1974)のストーリー

お茶の水予備校女子寮生たちは灰色の浪人生活のうっ憤を晴らすため、時折徒党を組んで万引きをやっていた。が、四谷のスーパーマーケットで発覚し、まみ(秋吉久美子)とちあき(清水理恵)だけが逃げのびた。寮に帰れず新宿界隈をうろついていた二人に声をかけたのは中年男の平田(長門裕之)だった。彼は脱サラを試みてラーメン屋を始めており、一年前スナックでちあきと知り合い関係を持ったことがあった。平田は二人をラブ・ホテルに誘ったが、バージンのまみが嫌がり、結局は諦めた。

やがて二人は寮の近くの中華料理店の店員の下宿にころがり込んだ後、二人の実家がある岡山に帰る事にした。旅費を平田から借りようとすると、まみの若い魅力に惹かれている平田も一緒についていくと言い出した。岡山駅前でまみとちあきは別れたが、平田は照れながらまみについて行った。しかしまみの実家にも警察の手が廻っており、やむなく二人は倉敷に行った。倉敷でまみはアングラ劇団をしている幼な友達の正次(林ゆたか)に会った。まみと平田が宿なしだと聞いた正次は、合宿に合流させることにした。まみたちは「禁酒、禁煙、禁交」をモットーとするこの劇団の下働きをすることになった。まみを仲間に入れた正次には魂胆があった。劇場の小屋主は正次が若い女を沢山動かしているのを利用して、やがてストリップをやらせようとしているのだが、正次はそれを逆手に取って魅力あるまみを使い小屋主たちを誘惑し、小屋を乗っ取ろうと企んだのだ。これを知った平田は憤然となり、「俺にはバージンを守る義務があるんだ!」と叫び正次を殴り倒すと飛び出して行った。まみは脱兎の如く平田の後を追った。それから二人だけの旅が始った。そして、海辺のホテルで二人は激しく求めあった。翌朝、平田が目を覚ますとまみの姿が無い。寝巻がキチンとたたまれていた。まみの美しい肌が波打ちぎわで光っている。やがて、その影はまっすぐに、波に逆って沖に向っていく。「まみー」平田の叫ぶ声に、まみがニッコリと片手を上げた。平田の顔が安堵と不安にゆがんだ。波とたわむれるまみ。波打ちぎわを歩く平田……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 妹 (1974)

  2. 赤ちょうちん (1974)

  3. 炎の肖像 (1974)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。